新築で注文住宅を建てるのに注意したいこと

家を建てたいけれども、イメージが沸かなかったり、価格がよくわからない場合は、取り敢えず不動産会社に行ってみましょう。 直接ハウスメーカーや工務店に行ってもすすめられるままに従ってしまいがちです。 自分の本当に建てたい家をじっくり考えてからすすめていかなければなりません。

基礎知識を学んでトラブルに対応

自分達の住みたい家はイメージだけでは、建ちません。 実際にどのような家にしたいのかを伝えるために、色々なプランを見て勉強していきましょう。 曖昧な表現でなく、具体的に伝えないとトラブルに発展する可能性もあります。 後からやり直しは出来ませんので、最初にしっかり伝える必要があるのです。

住宅会社はどこを選んだらいい?

住宅会社はハウスメーカー・工務店などのタイプがあります。 あなたの希望を叶えてくれる住宅会社を探したいですよね。 タイプによって、それぞれ特徴がありますので、簡単に紹介していきましょう。 迷った場合は、不動産会社や紹介のサービスに相談してみましょう。

建てたい家を考える

家を建てることは、何度もあることではありません。
一生で一度の買い物になるのではないでしょうか。
でも初めての経験となると、やはり不安は大きいですよね。
大きな買い物ですので、絶対に失敗はしたくないと誰もが思います。
しかし、テレビのニュースに出ている欠陥住宅も他人事ではないのです。
注文住宅は、生活や家族構成に合わせて自由な間取りで設計ができますが、土地の建築条件などの専門知識も必要ですし、設備などの細かい部分まで考えなくてはなりません。
自由な分、決めなくてはならない部分も多いのです。
設備の備品全てが信用できるものであるのか、適正価格であるのかを自分達だけで判断できますか?
見積書や契約書を見ておかしいところがあっても指摘できる自信はありますか?
理由をつけてどんどん見積金額が増えて予算オーバーになることもあるのです。
大手のハウスメーカーで、注文住宅といいながら、既存の住宅のプラン集を少しだけ変更しただけのものをすすめられていませんか?
日々の仕事や生活が忙しい中、ついつい面倒になってしまい、営業マンにすすめられるまま決めてしまいがちです。
大切なことはハウスメーカー・工務店は信頼できるところを選ぶことです。
でもどうやって選べばいいのでしょうか?
完成してから、後悔してもどうしようもないのです。
これから何十年と住む家ですので、新築建売住宅ではなく、注文住宅にしてよかったと思えるように、最適な住まいづくりを目指しましょう。

▲先頭へ戻る